エコポイント アクオス WIDE32V

■ アクオス WIDE32V


【エコポイント対象】SHARP WIDE32V型 地デジ対応ハイビジョ
ン液晶テレビ“AQUOS Dシリーズ”LC...



 地デジテレビは、もちろんエコポイントの対象です。
 
 完全地デジ化まであと2年。「秒読み」というには大げさですね。でも、「月
読み」といえる程度に、あなたは必要性を実感しているものと思います。
 
 大型テレビに求められる資質はなんでしょう?
 
 安さ?
 
 そうですね。でも「安いだけ」では困ります。私は2つの要素が不可欠だと
思っています。
 
 
 1 「映像の綺麗さ」
 2 「音の良さ」
 
 
 まるで現場で見ているような、リアルで現実味のある映像。そしてその場の臨
場感を感じ取れるような迫力のある音源。2本の軸がしっかりしてこそ、さまざ
まなテレビコンテンツが楽しめるのです。


映像:
 AQUOS Dシリーズの、LC-32DE5は、シャープ製品だけに画像がシャープ。
 映像信号をシーン毎にリアルタイムで分析し、バックライトの明るさと液晶開
口量を最適制御。そうすることで、15000:1のテレビコントラストを実現してい
ます。たとえ暗いシーンであっても黒つぶれしない。奥行きのある、なめらかな
高画質が楽しめるんです。

音:
 新開発の「フルデジタル1ビットアンプ」は、デジタル放送の直接聴ける。音
声信号をアナログ変換することなく、デジタルのまま伝送・音声増幅を行なって
います。外部ノイズの影響を受けずに高効率な1ビットデジタル増幅が可能にな
り、原音の持つ情報量をそのままに、自然でクリアな音声を出力します。

 スピーカーにも工夫があります。ひずみが少ないφ6.5cmの円形スピーカーを採
用しており、本体両サイドには迫力の低音を再現する「サイドポート・バスレ
フ」を搭載しています。
 
 
もっと詳しく>【エコポイント対象】SHARP WIDE32V型 地デジ対応ハイビジョ
ン液晶テレビ“AQUOS Dシリーズ”LC...




一言ポイント

■ サイドポート・バスレフ ってナニ?

 バスレフというのは「バス・レフレックス型」の略称です。位相反転型ともい
います。

 バスレフは、背圧を利用して低音を増強する方法です。箱を小さくできるので
一般的に普及しています。仕組みは、まず箱の一部に穴を開けます。スピーカー
ユニットの背面から出た音の位相を反転させ、空けた穴から出た低音をスピー
カーの前面から出た音と同位相にする。こうして、低域の音圧を増すのです。バ
スレフ方式のおかげで、サイズが小さくても低音が引き締まったスピーカーが登
場したのです。
 
 このバスレスを横につけたのが「サイドポート・バスレフ」です。


バスレフを使わないと?
 スピーカーボックス(スピーカーの箱)は、本来スピーカーの前面と後面が完
全に区切られる必要があります。現実には難しいので後面を閉じた密閉型の形に
なります。しかし密閉型は理論上、容量をとてつもなく大きくする必要がありま
す。マジで作ろうとすれば家に入りきれないほどの大きなスピーカーボックスが
出来上がり、これも非現実的です。
posted by take-hit at 11:03 | AQUOS

このサイトはこんなキーワードで、検索されています
ジャパネット たかだ jupanetotakada 高田 ホームページ ジャパネト ジャッパネットたかた jジャパネツト タカダ 通販 じゃパネット ジャパネット ジャバネット 家電 ジャパネト タカダ じゃパネット ジャパネツト ジヤパネット ジャッパネット tkdのホームページ ジャパネツトタカタ ジャッパネット ジャパネット ジャパネット jジャッパネット ジヤパネット ジャッパネット ジパネット japanet ジヤパネット ジャパネツト ジャパネツト.タカタ HP ジァパネット jジャパネツト

ジャパネットといえば、パソコン・ノートPC・カーナビ・健康器具・デジタルカメラなどなど、新製品のイメージが強いですが、中古セールやオークション(下取り)もやっています。テレビ・ラジオ・チラシなどで紹介された商品はホームページでも確認できます。

たかた TV タカダ通販 カタログ チラシ ホームページ 15 社長 犬 快適ライフ CM 電話番号 MC チャンネル 下取り j 評判 takata ラジオ 242 japanet takata た方 審査 動画 画像 保証 たかたラジオショッピング チャンネルdx たkた ローン TV 口コミ 本社 たかt

芸能人のダイエット方法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。